2018年01月12日

新春momo先生ワークショップ  

2018年1月6日 momo先生ワークショップ (担当インストラクター:Teru)

momo先生のワークショップは3回目で、今回は第一部が「アライメントとアジャストメントの基本〜アジャストする人される人」、第二部が「マインドフルネスの基礎〜マインドフルネス瞑想・哲学・呼吸法」という内容でした。

第一部は少し体を動かす内容で、アシュタンガヨガの基本「サマスティティヒ」より始まりました。
このポーズは意味も姿勢も奥深いものです。
「サマスティティヒ」のサマは英語のsameの語源ということで、同等という意味を持つということでした。
陰と陽のつり合い、左右の均整、二元論から統合へと向かう姿勢・道を示しているということです。

ポーズにおける「サマスティティヒ」は、すべてのポーズの基本を含んでいるということでした。
ただ立っているだけでなく、体の左右、前後、上下の全てがバランスが取れているポジションを掴むことは
実は容易ではないということが、このワークショップで改めて気付くことが出来たのではないでしょうか。

その他にも、前屈・後屈のアジャストメントでは、ペアワークでお互いに人の体を借りて体の仕組みを
知ることが出来ました。

また、アシュタンガヨガのプライマリーシリーズで一番の難関ともいえる、ブジャピダアーサナ・バカアーサナの練習のコツも教えて頂きました。

第二部は、マインドフルネスの講座でした。
呼吸法から始まり、哲学の勉強を学んだ後は、座法での瞑想法の実践、食べる瞑想も行いました。
マインドフルネス瞑想とは、古くからあるヴィパッサナー瞑想の宗教要素を取り除いたもので、企業でも
ストレス対策として取り入れられたことでアメリカで圧倒的なブームになりました。
日本でも今日、マインドフルという言葉、マインドフルネス瞑想などが話題になっています。

今回、哲学からmomo先生に教えて頂いたお陰で、より「マインドフル」というものが身近になったのではないかと思います。マインドフルネスとは、今この瞬間に起こっていることに気付いていることという意味です。
人はなかなか、「今この瞬間」に生きることは難しいことです。

過去にあったことをクヨクヨしたり、起こってもいない未来のことに対して不安になったり、この心の動揺に気付いて、今ここに生きることが出来たら、とてもいい人生になると思いました。

このワークショップを通して、参加された皆さんがより良い自分の扱い方、心の鎮め方を見つけられる手掛かりになったのではないでしょうか。

そしてワークショップ開催後の懇親会のお料理はとても素晴らしかったです。
veganのビュッフェでした。

次回のワークショップも今から楽しみです(^^♪
01.180116 momo先生ワークショップ.JPG料理3.jpeg料理1.jpeg料理2.jpeg料理4.jpeg



0[1]0[1]0[1]


posted by yogacco at 16:21| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。